LingQのステータスはどのように変わるの?

Flashcardを利用してLingQの復習をする際、Show PhraseShow Hint をクリックして前後の語句やヒントを表示させることも出来ますし、Check をクリックして、すぐにその単語をテストすることも出来ます。Flashcardを利用するたびに、その語句のステータスは下記のように変わっていきます:

  1. 新しく保存されたLingQのステータスはとなっています。Vocabularyページのリストでご確認ください。
  2. PhraseやHintを表示させずにCheckをクリックし、更に Got It ボタンをクリックすると、システムはあなたがこの語句を正しく理解していた、とみなします。この状況が繰り返されるたびに、ステータスは1/2ずつ上がっていきます
  3. Phraseを表示させた後にCheckをクリックし Got It ボタンをクリックしても、正解とも不正解ともみなされず、ステータスは変更しません
  4. PhraseとHintの両方を表示させたり、Oops ボタンをクリックしたときは不正解とみなされ、その語句のステータスは1/2ずつ下げられます
  5. 上記のルールに従い、ステータスは1からまでの間を移動します。ステータスが4になるとLingQ Learnedとなり、学習済み、とみなされます。 

Leave a Reply

Your email address will not be published.