コンテンツの提供元となるリソース情報の一元管理

LingQサイトでの学習に利用できるリソースをまとめたスプレッドシートを作成することにしました。LingQ上でより多彩なコンテンツを提供できるように、テキストと音声の両方を提供しているリソースを特定したいと思っています。ユーザーの方はそれらのリソースから好きなコンテンツをインポートして使用することが出来ます。LingQライブラリ内でシェアするには許可が必要ですので限られたコンテンツでの対応になると思います。テキストや音声のみが提供されているコンテンツの場合、それが許可されていれば、メンバーがテキストを書き起こしたり、音声を録音したりして、他のメンバーと共有することもできます。

ぜひ、このコミュニティ・リソース作りに参加してください。ご自身のコンテンツインポートにも役立てていただけます。もちろん、一番の目的はLingQライブラリの強化です。

スプレッドシートにリソース情報を書き込みたい方はsteve(at)lingq.comまでご連絡ください。

Leave a Reply

Your email address will not be published.