2008年11月20日、LingQシステムが大幅にバージョンアップしました!

LingQシステムが稼動してから1年と少し、何度か改善を繰り返してきましたが、いつもメンバーの方から、『何をすれば良いの?』、『どこから始めれば良いの?』という質問が寄せられていました。LingQシステムの使い方をもっとわかりやすくするために、今回下記のような大幅なバージョンアップを行いました。

コースが新設されました。

新バージョンでは、ログインすると今回新しく設置された「コースページ」に移動します。もしまだコースを選択していない場合は選択可能なコースのリストが表示されます。コースを選択済みの場合は、一番最近オープンされたコースが表示されます。

すべての言語について、チューターが指導するダイレクトコースと無料のセルフ・ダイレクトコースが提供されています。

セルフ・ダイレクトコースは基本的に、従来のWorkDeskリストにあたります。既存のメンバーの方のアカウントには、セルフ・ダイレクトコースとして今までの学習が保存されています。このページから、レッスン(コンテンツアイテム)を選択し、今までと同じように学習することが出来ます。

チューターによる指導が行われるダイレクトコースは、12レッスンから構成され、レベルによって内容が異なります。12週間かけて、毎週関連したライティングの提出やカンバセーションへの参加が必要となります。ダイレクトコースを選択したメンバーはチューターにいつでもメールで質問することが出来、その質問はAsk A Tutorフォーラム上で回答されます。さらに、月ごとの進捗レポートも送信されます。ダイレクトコースの購入はクレジットカード、もしくはお手持ちのポイントで行います。もちろん、ダイレクトコースとセルフ・ダイレクトコースの併用や、複数のダイレクトコースに参加することも可能です。

アクティブなアイテム数の上限がなくなり、無料会員にはアクティブLingQの上限が設定されました。

今まではメンバーシップレベルによってWorkDesk上でアクティブに出来るアイテム数が制限されていましたが、その制限は取り除かれました。メンバーシップレベルによって制限されるのは、無料会員に対する『LingQ300制限』のみとなります。これにより、無料会員の方は常時、300語句までしかLingQを保存できないことになります。保存しているLingQ300語に達してしまったら、メンバーシップをアップグレードするか、保存済みのLingQを削除する必要があります。ベーシック・プラス・プレミアムメンバーの方は無制限にLingQを作成する事ができます。

Media_httpdocsgooglecomfileidddvjpkz4501cdsg63ghb_sceasgnottgfahc

レッスン毎に5つのステップを繰り返すようにして、レッスンステータスもシンプルにしました。

以前のわかりにくかったシステムを一新し、すべてのコンテンツアイテムを『レッスン』と呼ぶことに統一しました。さらに、レッスンのステータスを『学習中』や『更新済み』などと分類するのではなく、アクティブであるか(以前のWorkDesk上にある状態)アーカイブされているかのどちからになります。アクティブからアーカイブに移動させる、また逆に元に戻すには左端に表示されているチェックボックスにチェックを入れるかどうかの簡単なものです。

各レッスンでは5つのステップに従って学習することを推奨しています。この5つのステップはレッスンページの右端に表示され、レッスン毎に、いまどの段階まで終了しているかが一目でわかるようになります。


誰でもAsk a Tutor(チューターに質問)フォーラムに投稿することが出来ます。

 

今回のバージョンアップにともない、無料もしくはベーシックメンバーでもフォーラム上で質問できるようになりました。チューターからの回答はプラス・プレミアムメンバーに対してのみとなりますが、メンバー同士で質問に回答することが出来ます。

サイト内のナビゲーションとユーザーインターフェース

新しくCourses(コース)とCommunity (コミュニティ)というメインタブが表示され、他のタブはメインタブが開かれたときにサブメニューとして表示されるようになりました。アカウントに最初にログインしたときには、Welcome(ようこそ)タブが表示されます。システムに慣れていない人は、ここでLingQシステムの全体像をつかんでもらえればと思います。慣れてくれば表示しないようにすることも出来ます。

今までのシステムに慣れているメンバーにとっては、新しいユーザーインターフェースはしばらくの間使いづらいと感じるかもしれませんが、皆さんを困らせるためではなく(!)、システムをできるだけシンプルに使いやすくした結果です。慣れてくれば、きっと今まで以上の使いやすさを感じていただけると思います。

 

バグが発生しないようできるだけチェックしましたが、システムを使用していて気付いたことがあれば、LingQカスタマーサポートまで連絡してください。

Leave a Reply

Your email address will not be published.