新しいフラッシュカード

今日 マークさんから LingQ Updates and Known Issues のフォーラムに Significant Flashcard Upgrade というメッセージスレッドで LingQのフラッシュカードが大幅に変更されたことがアナウンスされています。
http://www.lingq.com/learn/en/forum/3/6824/

英語で書いてあったので わかりにくい人もいるかもしれませんので ちょっと時間があったので日本語になおしてみました。 まだ私も新しいのには 慣れませんが そのうち慣れるでしょう。 

———————–
1) There are now two sides to the flashcard. You can control which fields show on the front and on the back by clicking on the Settings button. You can see the Term, Hint or Phrase on the front or back.
フラッシュカードの両面(表と裏の2面)があります。「Setting button」をクリックすると表面か裏面のどちらを表示するかコントロールできます。 カードの表面、裏面に Term, Hint, Phrase が表示されます。

2) You can also decide whether to remove cards when the LingQ status increases in the Settings popup. Clicking Got it! twice in a row will increase the status as will clicking the higher status button at the bottom of the card.
また Setting button を押したときに出てくる画面でLingQのステータスが増加したときにカードを取り除くかどうか決めること ができます。 Got it!(わかった!)ボタンを2回連続でクリックするとステータスが増加します、また同じようにカードの下 にあるよりステータスボタンをクリックしてもステータスを増加できます。

3) You can edit the Hint or Phrase right there by clicking Edit. Hit “Enter” to save widget edits.
HintやPhraseは Editボタンをクリックすると編集できます。 その編集を保存するにはエンターキーを押してください。

4) Flip the cards by clicking anywhere on the white part of the card or by hitting the space bar.
カードの白い部分のどこでもクリックする、もしくはスペースバーを押すと カードがめくれます。

5) Other keyboard shortcuts are as follows: Enter key – Got it!, x – Oops!, 1,2,3,4 – select status, left and right arrows – next and previous card, up and down arrow – hide/show phrase,
他のキーボードショートカットは次の通りです。
エンターキー = Got it! (わかった!)
Xキー = Ooops! (ありゃ、間違った!)
1,2,3,4キー = ステータスを選ぶ
左矢印、右矢印キー = 次の、前のカード
上矢印、下矢印キー = フレーズを隠す、表示する
—————————

私はいつも キーボードばかり使ってカードをめくっています。 新しいフラッシュカードの感想やら質問、要望は上のメッセージスレッドに直接どう ぞ。 

Flashcard

Leave a Reply

Your email address will not be published.